×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

にきび痕 ケア

サイトマップ

にきび痕のケア方法

にきび痕のケアは大変な根気が必要です。細胞が傷ついている状態がにきび痕ですから、すぐに改善されるというものではなく、長期間をかけて少しずつケアしなければならないでしょう。

にきび痕は傷跡のようなもの。腕や足に傷跡のある方もいると思いますが、その傷跡を薄くしよう、あるいは元の状態に戻そうとすることは大変なことで、にきび痕のケアもそれと同然です。ですから、ケアしたら一晩でにきび痕が良くなるということはなく、長期間根気よくケアする覚悟を決めましょう。

短期間でにきびを消したいなら独特のノウハウに頼るのも良いかもしれません。下記の広告は結構評判が良いのでチェックしてみて下さい。



にきび痕には、でこぼことした痕と、色素沈着を起こしてシミのようになっている痕があります。でこぼことしたにきび痕のケアは保湿を心がけ、肌をふっくらとすると良いようです。肌がふっくらとすると、にきび痕のでこぼこが目立たなくなるのだとか。

色素沈着を起こしているにきび痕は、シミに対するケアと同じようなケアをすると良いようです。美白効果のあるビタミンCを含んだ化粧品などを使ってケアをすると、色素沈着をしているにきび痕は薄くなるでしょう。また、色素沈着を起こしている、平らぼつぼつとしているにきび痕には、ピーリングというケア方法も効果的なようです。

ピーリングとは肌の表面を剥くということで、古い角質層を強制的に排除し、新しい皮膚が再生されるのを促します。肌が新しくなれば、シミのようなにきび痕も、平らぼつぼつ肌も滑らかになるでしょう。また、肌のターンオーバーが促されるので、にきび痕が薄くなるだけでなく、そばかすやたるみ、シワにも効果を発揮してくれるようです。

ピーリングケアは、ピーリングのできるソープや化粧水が発売されていますから、それらを上手に活用してにきび痕を改善すると良いでしょう。ただ、ピーリングケアのできるフィールドには刺激が多いものもあるので、過敏肌の方は用心してにきび痕を改善してください。いずれにしてもにきびの対策はじっくり取り組みましょう。

にきび痕をケアすることのできる化粧品類が、ネット上では数多く取り扱われています。ですから自分にぴったりな化粧品を見つけて、にきびのケアをするのが基本となります。ここが難しいのですが・・・

自分でどうしてもにきび痕を薄くすることができなかったら、皮膚科に通ってケアしても良いと思います。自分でにきび痕をケアするよりもコストはかかるでしょうが、以後ずっと悩み続けるよりも、自分の払える範囲内で専業科にケアしてもらうと良いのではないでしょうか。

肌の炎症性疾患

肌の炎症性疾患で悩んでいる人もいれば、全くにきびが出ない人もいます。これらの違いは何が原因となっているか分かりますか?にきびの原因となるのはアクネ桿菌と言う菌です。このアクネ桿菌は常駐菌ですので、どんな方でも存在している菌となります。でもにきびが出来ない人がいるでしょう。

何故だか分かりますか?吹き出物(生理前になるとできるという方も少なくありません)になりやすい人は、明らかに皮脂の分泌量が多い人です。なんとなく油みたいな人っているかもしれません。そういった体質の人はにきびになりやすい傾向があります。皮脂が多い体質(体型や性格など、それぞれの要素がお互いに影響しあって形成されるといわれています)を改善するには生活習慣に気をつけるのが一番でしょう。

たとえば規則正しい生活をすることによってか、食事に気をつけるなどでも体質は変化していきます。野菜中心の食事に切り替えるのも効果があるようです。

にきびとにきび痕について

どの程度の肌のトラブルをにきびと呼ぶのでしょうか。医学的には尋常性座瘡(じんじょうせいざしょう)と面皰は呼ばれていらっしゃるのではないでしょうか。尋常性座瘡が出来る条件(ビジネスの際には特によく確認することが大切になるかもしれません)が揃えば、10代でも40代でもにきびは出来ます。

ニキビ(黒ニキビ、白ニキビ、赤ニキビに分けられます)は年代問わずに発症しますから実は、20歳過ぎたら吹き出物と言うわけではないのです。にきび痕を治したいと希望する人は大勢いるかもしれません。と同時ににきびに悩む方は非常に多いものです。大きく分別すると、にきび痕は2種類になります。にきび痕が陥没して肌表面がデコボコしている状態が、まず1つ目です。にきび痕はアクネスカーとも呼ばれ、細菌の増殖によっては炎症が起きてしまった、赤にきび以降の段階で形成される事がほとんどです。

特に膿胞や膿腫に迄進行して、これを気にしてつぶしてしまうと、ケロイドやクレーターの様なにきび痕が皮膚(キレイだと男性に好?象を与えられるでしょう。キレイであるのにこしたことはありません)に残りやすくなります。治りにくいにきび痕は、一生残ってしまうような事も場合によってはあるようです。さらにシミの様に色素沈着(なるべくなら起こらないように予防したいものですね)している状態が2つ目のにきびの痕の状態です。

色素沈着も、にきびの痕に出来るにきびの後遺症といえるものではないでしょうか。色素沈着とはシミの事です。色素沈着(日焼けをすると、メラニン色素が増えて起こります)はにきびばかりでなく、炎症(原因としては、ウイルスや細菌への感染、外傷や火傷、アレルギー反応などが考えられます)を起こした部分に出来やすく、これを炎症(炎症の症状として考えられるものに、熱感、腫脹、疼痛、発赤があり、炎症の四徴候と呼ねれています)後色素沈着と言います。ということは化粧品(試供品などを使ってみて、肌に合うかを確認することが大切でしょう)や薬品によってかぶれが生じた後や、傷が出来た痕にも、シミが残ってしまう事があるので気をつけなければなりません。矢吹心の敏感肌のための、本当に正しいニキビケア


「にきび痕のケア方法」について

にきび痕のケアにはピーリングが評判良いようですが、あせりは禁物です。じっくりとケアしていく気持ちを持ちましょう。